[iOS]iPhone / iPad でPNGが透過しない場合の対策2

先日、以下の方法で解決できない場合があるとのコメントを頂きましたので、再調査を行いました。

iPhone ( iOS ) に 透過 PNG ファイルを入れても透過しない問題 解決策

原因としては、やはり、iOSの「写真」アプリが画像を書き換えているようです。
あとiCloudの画質の設定で「オリジナルを保存しない」になっている場合も同様の現象が起きるようです。

 

「写真」アプリの仕様を負い続けるのは骨が折れるので、以下の方法を考えました。この方法であればかなり小さいPNG画像でも、色々なアプリで利用することが出来ます。

 

ここでは100×100のPNG画像をiOSのGoodnote5で利用する方法をご紹介します。

 

1.画像を「写真」アプリではなく、「ファイル」アプリに保存する。

 

2.ファイルアプリを開いて、そのファイルをコピーする。

 

3.その画像を利用したいアプリを開いて、ペーストする。

 

どうでしょうか。うまくいったでしょうか?

 

[iOS]Chrome や Safari の共有ボタンで、Goodnotesで開く が出てこない場合の対策

Goodnotes には、ブラウザからURLを受け取ってそのページをPDF化して取り込むという便利な機能があります。

 

しかしコレが動かないことがありますので、その対策です。

 

“Chrome や Safari の共有ボタンで、Goodnotesで開く が出てこない場合の対策” の続きを読む

[iOS]iPhone ( iOS ) に 透過 PNG ファイルを入れても透過しない問題 解決策

 
 

iPhone / iPad に透過させたPNGファイルを読み込ませても、透過が発生しないことがあります。
背景を抜いているはずなのに、背景が白になる場合があるようです。
 
 

 

“iPhone ( iOS ) に 透過 PNG ファイルを入れても透過しない問題 解決策” の続きを読む

[Apple/iOS]どうしても Touch ID が動かない場合の対策(iPhone/iPad)

iPhone / iPad にて、どうしても Touch ID が動かない場合の対策をご紹介します。

Appleが以下の公式サイトで公表している対応策は、次の通りです。

“どうしても Touch ID が動かない場合の対策(iPhone/iPad)” の続きを読む

[iOS/アプリ紹介]iPhoneのショートカットから確認画面を出さずにメール送信をする

ショートカット自体の説明はこちらをご覧ください。(Siriショートカットとショートカットは別物)

経緯

その昔、iPhoneショートカットでは、確認画面を表示させずに、半自動でメール送信をすることができた。

その後、iOSのアップデートにて、確認画面が表示されるようになってしまいました。「メール送信」というボタンを押す必要が出てきました。

最近のアップデートで改善されて、確認画面無しでメールが送信できるようになりました。

“iPhoneのショートカットから確認画面を出さずにメール送信をする” の続きを読む

[iOS/アプリ紹介/プレゼン]iPadを使ったプレゼンにはGoodnotesのレーザーポインター機能が強力

Goodnotes はノートアプリの最高峰です。980円ですが、それでも安いと思えるほどの品質です。なんと、iPad上だけでなく、macOS上でも動かせるようになりました。

 


追記 2020/05/04
格安 iPadペンシルについての記事を書きました。
iPad向け格安ペンを最安で買う方法。 zspeed kimwood SOCLL mpio Innhom は全部同じ物!


“iPadを使ったプレゼンにはGoodnotesのレーザーポインター機能が強力” の続きを読む

[iOS/XCODE]2020年最新版 複数端末でiOS開発を行うために証明書と秘密鍵を移動させる

複数のMacから一つのアプリを作成するための事前準備です。ここでは 証明書 を作成する方法についてお伝えします。

証明書と秘密鍵の書き出しはキーチェーンアクセスから行います。
証明書署名要求を作成したMacから作業を行います。

“2020年最新版 複数端末でiOS開発を行うために証明書と秘密鍵を移動させる” の続きを読む

[iOS/XCODE/エラー]エラー対応 Provisioning profile “AdHoc” doesn’t include signing certificate

XCODE ビルド時のエラー

AdhocビルドしようとしたらGeneral画面で証明書のエラーが出る。

エラーメッセージ全文
Provisioning profile “AdHoc-PPName” doesn’t include signing certificate “iPhone Developer: USERNAME”.
 
 

“エラー対応 Provisioning profile “AdHoc” doesn’t include signing certificate” の続きを読む

[iOS/XCODE]ADEP Enterprise 配信 、Ad Hoc 配信のためのHTMLページ

どちらもHTMLは共通です。HTTPSでないと動かないことに注意。

 

index.html

 

[iOS/XCODE]Adhoc配信用 プロビジョニングプロファイル作成手順 2019年版

多少、文言が変わっていますね。

事前作業
・AppIDの作成
・Distributionの証明書の作成
・配信先のUDIDの調査と「Devices」への登録

=以下の作業はブラウザからApple Developer Programを開いて行います=

1.左メニューからProfilesを選択して、+アイコンから追加を行う。

2.「Register a New Provisioning Profile」画面で Distribution Ad Hoc を選択する。

3.「Select an App ID」画面で該当のAppIDを選択する。

4.「Select Certificates」画面で、使用する証明書を指定する。通常は一つのはず。

5.「Select Devices」で使用するデバイスを選択する。

6.「Review, Name and Generate.」画面でProvisioning profileの名前を入力してGenerate

7.「Download and Install」画面でDownloadボタンを押してアドホック配信用プロビジョニングプロファイルをダウンロード

=ブラウザ作業はここまで=

8.ダウンロードしたプロビジョニングプロファイルをダブルクリックしてXcodeに登録する