[VSCode]VSCodeにて 自動保存 を実現する。定期的に保存を自動実行する。

VSCODE にて、  自動保存  を実現すると、メモ帳としての使い勝手が向上します。
また、デモ・プレゼン・発表・実習端末などにこの設定をしておけば、保存忘れのトラブルが無くなりスムーズな進行が可能になります。
 
 


1.まずは設定画面を開きます。

2.「自動保存」もしくは「autosave」で検索してください。

3.デフォルトでは、自動保存はoffになっているので、ここでは afterDelay を選択しましょう。
auto save

off -自動保存を無効にします。
afterDelay -構成された遅延後にファイルを保存します(デフォルトは1000 ms)
onFocusChange -ダーティファイルのエディターからフォーカスが移動したときにファイルを保存する。
onWindowChange -VSコードウィンドウからフォーカスが移動したときにファイルを保存する。

4.書き込みタイミングを変更したい場合は、「Auto Save Delay」で検索して、ミリ秒を指定しましょう。
通常は、1000ミリ秒=1秒 で大丈夫でしょう。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です