Gitエラー対策 error: RPC failed; curl 56 OpenSSL LibreSSL SSL_read: Connection was reset, errno と表示された場合の回避策

git
SSL接続しているGitのClone時や、Push時に、このようなエラーが発生することがあります。

エラーメッセージは以下の場合があります。

以下ログ

 

原因
通信のタイミングにより、キャッシュが不足した。

 

対策1
バッファを増やす。この方法が一般的。

200M はエラーの出ない数値を設定する。あんまり大きいのはそもそもGit管理するファイルに問題がある。
TortoiseGit や SourceTree の場合はアプリの設定画面から指定可能。

[amazonjs asin=”B071D4D6XX” locale=”JP” title=”わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門”]
[amazonjs asin=”B01C2TRNUG” locale=”JP” title=”独習Git”]
 
対策2
高速なネット回線に切り替える

 

対策3
Gitのバージョンを上げる

 

対策4
バージョン管理の対象になっているファイルが大きすぎないか確認する

 

対策5
HTTP通信に切り替えてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。