[MarkScan]MarkBuilder での マークシート 出力形式について

MarkBuilder  は Markscan で読み込むための  マークシート を作成するアプリケーションですが、その出力する方法がとても豊富です。
非常に優秀なWindowsプログラマーの人が頑張って作っていると思われます。今はなかなかこういうプログラムは書けません。

 

MarkScanの概要はこちらをご覧ください。

 

 
MarkBuilderのメニューバーはこの様になっていますが、

保存ボタンは、このMarkBuilderのプロジェクトを保存するためのボタンですので、マークシートを出力するボタンではありません。

マークシートを作成したい場合は、以下の2つを使います。

WORD文書保存

ここで保存される形式はベクトルデータとなりますので、非常に高画質な印刷結果が期待できます。
 
別の記事で説明しますが、この内容をWordでベクトルデータとして編集することもできますので、非常にきれいな形式でマークシートを作成することが可能になります。でも、ちょっと文字がずれたりします。

イメージ保存

このボタンが画像としてマークシートを保存してくれる機能ですが、コレが非常に充実しています。出力時のダイアログは以下のように画像の形式を変更することができます。

Jpeg、GIF、PNG、BMPがラスターデータで、WMFとEMFがベクトルデータです。

ラスターデータとベクトルデータの解説はこちら

 

ここで、JpegやPNGを選べば、お好きなソフトウェア(たとえばペイントブラシやフォトショップ)で1,2,3という選択肢を、ア、イ、ウ、に書き換えることが可能になります。

私のオススメはEMF形式です。これはWindowsで扱えるベクトルデータの形式ですので、Illustratorで開いて編集することができますので、非常に快適な編集作業を行うことができます。

 

Illustratorが使える人(おすすめ) EMFで作ってIllustratorで編集
MarkBuilderが出力したデータをそのまま使いたい人 Word
Illustratorは持ってないけど、きれいな形式で自由に選択肢を変更したい

Word

MarkBuilderが出力したデータをちょっと編集したいけどイラストレータとかWordに自身がない人

Jpegで作ってペイントブラシで編集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です