[iOS][iOS]コプロセッサ

コプロセッサの説明として間違っているものはどれか

1.A10,A11のように、Aで始まる型番が付けられる
2.iPhone5sから実装されている
3.センサー処理などをCPUに代わって処理することができる
4.HeySiriの常時待機もコプロセッサーが行っている


コプロセッサはMから始まります。Aから始まるのはCPUです。したがって間違っているのは1番です。

コプロセッサはiPhone5sから実装されました。iPhone5からではないので注意して下さい。

コプロセッサは、ジャイロやGPSなどのセンサー処理をCPUにかわって行うことで省電力を実現しています。

HeySiriの常時待機もコプロセッサーのおかげです。これはM9からサポートされました。

HeySiriは、M9が実装されるまでは電源ケーブルが接続されているときか、端末が起動しているときしか動作していませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です