Slack App で App Manifest を選択してしまったら元に戻らない場合の対応

Slack Appを作るときに、以下のダイアログが表示されますが、From An app manifest の方を選択してしまうと App Manifest を強制的に使用することになります。この状況を旧バージョンに戻す方法を解説します。

たとえば、旧バージョンで作成していても、以下のような青いリンクを踏んでしまうと強制的にApp Manifestを利用することになってしまいます。しかもアプリを作り直したとしても、App manifest仕様になってるのでもとに戻らないのです。

今後、App Manifestの利用が一般的になるのでしょうけど、現状ではネットのソースが少ないので経験の少ないユーザーは混乱すると思います。今は一旦、旧デザインでアプリを作成しましょう。

たとえばパーミッション設定なんかも旧デザインの場所からは指定できなくなってます。via Manifestですって。


対策

画面左側のメニューから、Distribution の下あたりを探してください。

Revert to the old design というのを探しましょう。

はい、これをクリックすればすべて解決です。お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です