[XCODE][iOS]ワイヤレス・デバッギング/ワイヤレス・デベロップメント

次のXcodeのワイヤレスデバッギングについての記述のうち、誤ったものはどれか。

1.ワイヤレスデバッギングを行うにはXcode 9以降が必要である。
2.ワイヤレスデバッギングが可能な端末はiOS 11以降である。
3.ワイヤレスデバッギングを行うためには、Macと端末が同じLAN内になければいけない。
4.ワイヤレスデバッギングに使用する端末は、パスコードをオフにしておかねばならない。


ワイヤレス・デバッギングはライトニングケーブルでMacとiPhoneを繋がずに、Wifiで実機テストできる方式です。

Appleはワイヤレス・デベロップメントという呼び方をしていますが、一般的にはワイヤレスデバッギングで検索したほうが情報が見つかると思います。

ワイヤレスデバッギングはWWDC2017で発表された技術です。

WWDC2017
https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2017/404/

ワイヤレスデバッギングはXcode9からしか使えません。

ワイヤレスデバッギングが可能なiOSはiOS11からになります。

ワイヤレスデバッギングのためには、MacとiPhoneが同一ネットワーク上にある必要があります。

ワイヤレスデバッギングに使用する端末は、パスコードを設定していなければいけません。したがって間違っているのは4番になります。

ワイヤレスデバッギングの使用方法は以下のとおりです。
1.Xcode − Window − Devices and Simulators を選択
2.該当デバイスを選択して Connect via network を選択
3.端末名の横にネットワークアイコン(Macの設定画面のネットワーク設定みたいな丸いアイコン)が表示されたらワイヤレスデバッギングが可能になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です