[Git]gitbash remote: Repository not found./ fatal: repository ‘https~’ not found 対策

git
WindowsでGitを使用するためのツール、 Gitbash では、別のアカウントにPushしようとすると以下のようなエラーが出ることがあります。

 

2020/08/01 記事の最下部に Macの場合の処理を追加しました。

このような場合の対処法


原因
Gitbashが持っているGitHubの ID、Password が残っており、アクセスしようとしているGitHubアカウントとマッチしていないためにエラーが表示されている。

 

対策
1.Windowsの左下、検索ボックスに 資格情報 と入力して資格情報マネージャを起動します。

 

2.Web資格情報とWindows資格情報があるので、Windows資格情報を選択します。

 
3.Windows資格情報の中から、 git:https:github.com を削除します。
(ユーザー名は PersonalAccessToken となっている場合があります。)

これで、GitHubへのアクセスパスワードがリセットされました。再度アクセスした際に、パスワードが要求されるはずです。

 

4.もういちど、git pushを実行する。

 

この方法は、Windows10 が覚えたパスワードを 忘れさせる 、 削除する ときにも使えます。
 
お試しください。
 

 

 


macOS の場合

macOSの場合は、キーチェーンの値を削除することで同じ処理を行うことが出来ます。

githubのアクセスキーはインターネットパスワードとWebフォームパスワードがありますが、インターネットパスワードの方を削除します。

キーチェーン

削除すれば、再度、コンソールからGithubにアクセスしたときにパスワードが要求されるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です