[AppStore ガイドライン対訳]ガイドライン対訳 5.1.2 (iv) 集めたデータの販売禁止

集めたユーザーデータの販売禁止。開発者自身が利用するのも禁止。(ポイント!)
(訳注 たとえば、株価閲覧アプリを作って、「今、どの株が見られているか」という情報を元に、開発者自身が株式投資を行うのは、これに接触します。)

分析、マーケティングを目的として、端末内のインストールアプリ一覧を取得するのは禁止
(訳注 実は、インストールアプリ一覧を取得することは簡単にできます。このインストール済みアプリ一覧からその人の行動傾向を把握するのは簡単で、とてもマーケティングに有効です。たとえば、勉強アプリが入っていれば、その人は学生でしょう。学生向けの広告を出せば効果出来です。この項目ではこれらの行為を禁止しています。)

原文
(iv) Do not use information from Contacts, Photos, or other APIs that access user data to build a contact database for your own use or for sale/distribution to third parties,
and don’t collect information about which other apps are installed on a user’s device for the purposes of analytics or advertising/marketing.

which other apps are installed どんなアプリがインストールされているか

公式翻訳
(iv)「連絡先」、「写真」、ユーザーデータにアクセスするその他のAPIから収集した情報を使用して、自身での使用または第三者に販売したり配信したりすることを目的とした連絡先データベースを構築することは許可されません。
また、分析や広告/マーケティングを目的として、ユーザーのデバイスに他にどのようなAppがインストールされているかに関する情報を収集することも許可されません。

Google翻訳
(iv)連絡先、写真、またはユーザーデータにアクセスする他のAPIの情報を使用して、自分の使用や第三者への販売/配布のための連絡先データベースを構築したり、他のアプリがインストールされている情報を収集したりしないでくださいアナリティクスまたは広告/マーケティングのためのユーザーのデバイス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です