[Apple]iPhoneの体温管理アプリは最初から入ってる

iPhoneのショートカット機能(Siriショートカットとは別物)を使って、体温管理アプリが簡単に作れます。

この記事は、「血圧管理アプリを作ろう」の応用です。

まずは、AppStoreから、ショートカットアプリをダウンロードしましょう。Appleの公式アプリで無料です。

 

 

 


起動したら、「ショートカットを作成」と書かれたボタンを押します。

 


画面上部の・・・をタップします。

 


ショートカット名を、とりあえず、体温管理などとしておきましょう。
適当な名前を入力したら、完了ボタンを押します。

 

 


「アクションを追加」ボタンを押します。

 

 


ヘルスケア、と入力すると、ヘルスケアアプリが候補として表示されるので、そのアイコンをタップします。

 


候補がいくつか表示されるので、ヘルスケアサンプルを記録 を選択します。

 


種類 のところをタップして、記録する健康情報を選択します。体温以外の健康情報を記録したい場合は、ここを変更することでお好きな管理アプリを作ることが出来ます。

 


体温を選択します。

 


もし、値のところの単位が℃ではなくKやkK、Fの場合は、℃になおしておいてください。つぎに日付のオプションをタップします。

 


選択肢から、現在の日付を選択します。

 


以下のように入力できたら、画面上部の完了ボタンを押します。

 


次に、体温入力後に体温の変化を表すグラフを表示したいので、その設定をしておきます。また、体温と入力してください。今度は下の体温を選択してください。

 


以下のように構成できたら、完了ボタンを押します。

 


次は、この作ったショートカット(アプリのようなもの)をiPhoneのホーム画面(デスクトップ)に表示したいと思います。画面上部の・・・をタップしてください。

 


ホーム画面に追加 をタップします。

 


ここでアイコンのイラストや色を変えることができるのですが、今回は割愛します。追加ボタンを押してください。

 


はい、追加されました。

 


はい、自分で作ったショートカットがアプリのようにホーム画面に表示されました。

 

以上です。お疲れさまでした。


ちなみに、体温の結果グラフはこんな感じで表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です