基本情報 記憶術 ISO JIS シリーズ の番号の覚え方 9000 27000 etc…

基本情報処理技術者情報セキュリティマネジメント試験 などの試験で問われる、  ISO / JIS の 番号の覚え方 です。
 
ISO9000 ISO14000 ISO15001  ISO 27000 ISO 20000 ISO 31000 などの覚え方を以下に記します。

ここでは、数字の文字面から何を意味しているかをイメージできるくらいのざっくりした覚え方を解説しています。

ISOシリーズの数字はとても大きくなるので、1000=1k方式で考えて、語呂合わせを作りました。
ISO9000だったら9 とおぼえてください。
(必要であれば、✕1000を行って、9000にしてください。)

9000 品質マネジメントシステム
く-(9)オリティを重視します

 

14000 環境マネジメントシステム
いよかん(14環)

いー世(14)の中にいたしましょう

 
15001 個人情報保護マネジメントシステム(Pマーク)
イチゴ(15)
いちごパンツは乙女の個人情報
いちごパンツは(ピー!)マーク
(覚え方のコツ、性的なこと、過激なことを入れると強烈に記憶される。また、001の部分は覚える必要はない。15001と最後まで書く試験は無い。)
 
 
27000 情報セキュリティマネジメントシステム ISMS
丈夫な綱(27)でセキュリティ
受難(27)を防ぐセキュリティ
(太い綱でハッカーの侵入を防いでいるイメージ)

27017  17…柔軟(17)な、構成ができるクラウドセキュリティ

20000 ITサービスマネジメント
にんまり(20)サービス提供します
二重丸のサービス提供いたします
(笑顔のたえない良いサービスの提供)

 

31000 リスクマネジメント
災害(31)リスクを事前にコントロール
サイ(31)コロをコントロール
(リスクをコントロールする)
 

「基本情報 記憶術 ISO JIS シリーズ の番号の覚え方 9000 27000 etc…」への4件のフィードバック

      1. こんにちは😃

        なかなか覚えられなかったので、こちらの覚え方は私の中で永久保存版とします!

        覚え方自体も忘れそうなので、何かの歌のリズムに覚え方を乗せて歌って覚えてみようと思います😅

        1.  ありがとうございます。リズムを付けるのも大事ですよね。
          こちらの覚え方も一応語感が良くなるようにはしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。