[雑談]500円玉貯金入門 5 閑話休題 防犯対策

500円玉貯金入門 5 閑話休題 防犯対策
過去に、500円玉貯金が盗まれたけどすぐ捕まった事件がありました。

500円玉1200枚入り貯金箱を盗む 金融機関で500円玉を両替していたことなどで男(45)を特定、住居侵入と窃盗の疑いで逮捕
これが500円玉貯金の潜在能力です。
使いやすいけど使いにくい500円玉の力です。
 
 

さて、盗まれたときにすぐ犯人が捕まるようにするにはどうしたら良いでしょうか?

思いつくのは、25000円ロールを作るときに、サインペンかなにかでマークを付けておくという方法ですが、これは違法だと思います。

合法的なアイデアとしては、500ウォンなどを紛れ込ませておき、それに銀行へのメッセージでも書き込んでおくことでしょうか。

銀行の方に、「なにかおかしい」と思わせることができればいいのです。

透明なシールを貼って、そこにメッセージやあなたの名前を書くというのも面白いかもしれません。

シールが貼られたコインは、銀行での両替の際にエラーになります。そして、そのコインは必ず銀行の方に見てもらえます。
そのコインのシールに「このコインは盗品です!」とでも書いておけばよいのです。

まちがっても、そのコインを使わないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です