[iOS/審査]無慈悲なリジェクト 例:日本語プログラミング言語

プログラミング言語は一般的に英単語を並べてプログラムを作成するが、「日本語の単語を使ってプログラミングを行う斬新なプログラミング言語アプリ」をiOS上で開発した。
しかしこれは審査に通らなかった。考えられる一番大きな理由は何か?

 

  1. 日本語環境でしか動作しないため、世界中のユーザーが使えるように変更しなければいけない。
  2. iOS上でプログラムが可能なアプリは作ってはいけない。
  3. AppleはSwiftを推奨しているので、他の言語の広報活動をすることは許されない。
  4. その独自言語で動いているのではなく、実際はSwiftで動いているのだから虚偽の記述をしてはならない。


  • プログラミング言語のシミュレーションは禁止されています。これはその言語を使うことで、Appleが把握できないアプリが出回る可能性があるからです。
  • 言語のシミュレーションをするアプリもありますが、基本的には落とされるものと考えたほうが良さそうです。審査を通すために、相当苦労するはずです。
  • ということで、2番になります。
  • ちなみに、実際に、すばらしい日本語プログラミング言語があります。「Mind」とか「なでしこ」などが有名です。ちなみに、私の初めてのプログラミング体験は雑誌付録のMindでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です