[iOS/審査]無慈悲なリジェクト理由 例:電卓

シンプルな電卓アプリを作ったが、1200円で販売した所リジェクトされた。
この場合考えられるリジェクト理由は何か?(複数回答)

 

  1. 値段に見合った機能が提供されていない。
  2. 電卓アプリは飽和状態にあるので、個性のない電卓はストアに並べる意味がない。
  3. 電卓はiPhoneに初めから入っているアプリなので、競合するため作ってはいけない。

 


  • 個性がない、それはすでにある、と言われた場合は独自の機能を追加して再審査に出すという対応が一般的です。
  • 機能の割に値段が高すぎる場合は、いったんリジェクトされて、理由の説明を求められます。ということで正解は1と2になります。
  • Appleの無慈悲なリジェクト理由として、面白くない、UIが美しくない、UIが不自然である、アイコンが美しくない、個性がない、そのアプリは世の中にいっぱい出回ってるので不要、アイコンが下品に感じる(実際に下品でなくてもAppleレビュアーの想像力がそう感じたならリジェクト)、などが挙げられます。VBチックな貧相なアイコンは審査に通らない可能性があります。
  • 電卓アプリ自体は作っても大丈夫ですが、かなり個性がないと今後は難しいはずです。かなり増えてますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です