[iOS/審査]無慈悲なリジェクト理由 例:電柱

電柱の工事の際に使用する100万円以上する検査機器をiPhoneアプリで開発し、1200円で販売しようとした所、リジェクトされた。考えられる理由でもっとも大きなものはなにか。

 

  1. 利用対象者が少なすぎる。
  2. 値段に見合った機能が提供されていない。。
  3. 工事に使う道具は、事故や人命に危害が及ぶ可能性があるので許可できない


  • ユーザー層がマニアックすぎるアプリは審査に通りません。Enterprise Programに加入して社内でのみの配信に留めるのが良いでしょう。
  • またどうしてもストアで配信したい場合は、一般ユーザーでも楽しめる要素を入れてユーザ層を広げるという方法もあります。ということで、正解は1番です。
  • レビュアーはあくまで人間です。たとえばこんな方法もあります。アップルのレビュアーに「あまり知られていないことだが、電柱工事に携わる人や業者は世界中に○万人居り、それらの人々が何百万円もする機材の購入を余儀なくされ、しかも数年毎にそれが入れ替わり買い換える必要が出ている。あなた方の父であるスティーブ・ジョブズが我々を非効率の鎖から開放したように、このアプリも労働者を開放するものと信じている。まずは次のサイトを読んで我々労働者が苦しんでいる実態を知ってほしい」と、熱く(英語で)語ることで信じてくれる可能性があります。レビュアーは人間です。
  • 金額が高すぎるというのもリジェクト理由になりますが、今回の場合は無料でも審査に通らないでしょう。マニアックすぎるアプリは通りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です