[AppStore ガイドライン対訳]ガイドライン対訳 5.1.2 (vii) Apple Payのユーザーデータの利用について

ApplePayから得たデータは商品の改善のために使うことができる。
(訳注 ここで言う商品とは、ApplePayで買う商品のこと。本や雑貨、サービスなどのこと。)

(訳注 個人的な感想ですが、これはAppleが自分たちの行動を広げるための項目ではないかと思います。)

原文
(vii) Apps using Apple Pay may only share user data acquired via Apple Pay with third parties to facilitate or improve delivery of goods and services.

acquired via Apple Pay ApplePayから得たデータ
share A with 人 、人とAを共有する

公式翻訳
(vii)Apple Payを使用するAppでは、商品またはサービスのデリバリを円滑又は向上させる目的にのみ、Apple Payを通して取得したユーザーデータを第三者と共有することができます。

Google翻訳
(vii) Apple Payを使用するアプリケーションは、Apple Pay経由で取得したユーザーデータを第三者と共有するだけで、商品やサービスの提供を促進または改善することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です