[AppStore ガイドライン対訳]ガイドライン対訳 4.5.6 Appleの絵文字の扱い(要注意)

Appleの絵文字をストアの説明文に使用しても良い。

Appleの絵文字をアプリ内に表示しても良い。

ただし、はじめからAppleの絵文字をアプリに埋め込んではいけない。
(訳注 ユーザーが入力するテキスト内に絵文字を表示することは許されます。しかし、アプリ内のボタンなどにApple絵文字をしようしたり、ゲームのキャラクターとしてAppleの絵文字を使ってはいけない。リジェクト報告は多数あります。)

原文
4.5.6 Apps may use Unicode characters that render as Apple emojis in their app and app metadata.
Apple emojis may not be used on other platforms or embedded directly in your app binary.

Apple emojis Appleが提供している絵文字のこと。

公式翻訳
4.5.6 Appやそのメタデータでは、Appleの絵文字として表示されるUnicode文字を使用することができます。
Appleの絵文字を他のプラットフォームで使用したり、Appバイナリの中に直接埋め込んだりすることはできません。

Google翻訳
4.5.6アプリは、アプリとアプリのメタデータでAppleの絵文字としてレンダリングするUnicode文字を使用することがあります。Appleのemojisは他のプラットフォームでは使用できないか、アプリのバイナリに直接埋め込まれている可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です