[見解]完全不登校マニュアル 2 パソコンに詳しくなろう

図書館

完全不登校マニュアル 第二回目は、学校に行かずに快適に生活をするには、パソコン に詳しくなったほうがいいというお話です。これは親の妨害から身を守り、ネット上に友達を作るためにも重要なステップです。学校は義務じゃないという考え方もあります。

パソコンに詳しくなろう

学校に行かずに生活するには、パソコンに詳しくなるべきです。なぜなら親はパソコンやネットに制限をかけて使えないようにしてきます。そういう妨害を防ぐために、あなたはパソコンに誰よりも詳しくなっておく必要があります。

とっても難しいことではありません。なぜなら親もパソコンは素人だからです。ご両親は働いており、自由な時間があまり無いはずです。でも君はご両親の何倍も時間があります。その時間にパソコンの勉強をしましょう。

これはパソコンやネットを奪われないようにするためです。

昔は、学校に行かない子供が居る家は、ネットを解約してパソコンを触らせないようにするという妨害をやっていました。でも今はリモートワークがあたりまえになったので、かんたんに家のインターネット回線を解約できなくなりました。

 

ネットの設定についてはこちらの本がわかりやすいです。

 

買ってもらえない場合は、図書館に行きましょう。図書館については前回書きましたね。

図書館に行く場合は、黙って行かずに、必ず親に「図書館に行ってくる」と行ってから出かけましょう。そうすれば親は、「図書館に行く」=「勉強している」と勘違いして喜んでくれます。

あとから説明しますが、ネット上で仲間を作るためにもパソコンの知識は重要になってきます。同じ境遇の仲間が居た方が生活が楽になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です