[SQL/情報処理]SQL CHAR と VARCHAR の違い、使い分け

SQL の CHAR と VARCHAR の違いについてです。
その前に、前提知識から確認していきましょう。


読み方

究極のところどっちでもいいのですが、個人的には

CHAR…キャラ
VARCHAR…バーキャラ

と呼んだほうが良いと思います。CHARはチャーと呼んでもいいですが、その場合、VARCHARがバー・チャーとなるのでちょっと間抜けな響きになります。

 

ちなみに語源はこちら
CHAR … CHARACTER →文字型
VARCHAR … VARIABLE CHARACTER →可変長文字型

“SQL CHAR と VARCHAR の違い、使い分け” の続きを読む

[情報処理]CMOS リセットという言葉から覚える CMOS の特徴

そもそも CMOS というのはデジタルIC(CPUやBIOSチップ)の作り方の種類のことです。CMOSは、日本では主に、シーモスと発音します。

一番よく使われる場面は、パソコンのマザーボード(BIOS)などをリセットする際に利用する、CMOSリセットでしょう。

シーモスリセットという言葉から、BIOSやCPUはCMOSだと思い出してください。

“CMOS リセットという言葉から覚える CMOS の特徴” の続きを読む

[情報処理]ASC と DESC の解説と、その覚え方 ORDER BY

まず前提知識として、以下のことを理解してください。
 
・ORDER BYで順序を指定しないとASCになる。
つまり、順序の標準的な方向(デフォルト)はASC(昇順)である。

“ASC と DESC の解説と、その覚え方 ORDER BY” の続きを読む

[情報処理]グリッドコンピューティング と クラスタシステム の違い

同じような意味合いに取られがちですが、実際は全く異なります。
これらの言葉を理解するには、グリッドコンピューティングから理解した方が分かりやすいと思います。

 

“グリッドコンピューティング と クラスタシステム の違い” の続きを読む

[情報処理]基本情報処理技術者 記憶術 ISO シリーズ の番号の覚え方 9000 27000 etc…

情報処理 ISO の 番号の覚え方 です。

 

ISO9000 ISO14000 ISO 27000 ISO 20000 ISO 31000 の覚え方を以下に記します。

 

ISOシリーズの数字はとても大きくなるので、1000=1k方式で考えて、語呂合わせを作りました。
ISO9000だったら9 とおぼえてください。
(必要であれば、✕1000を行って、9000にしてください。)

“基本情報処理技術者 記憶術 ISO シリーズ の番号の覚え方 9000 27000 etc…” の続きを読む

[情報処理]正規表現 行頭、行末 の覚え方 記憶術

正規表現の行頭、行末をよく使うのですが、いつも忘れてしまいますので記憶術を作りました。

処理系、OS、ソフトウェアによって微妙に違う可能性があるので、あらかじめご自身の処理系を調べた上でお使いください。

“正規表現 行頭、行末 の覚え方 記憶術” の続きを読む